Be As You Are!

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくる。

2つめのはてなブログを開設するのに意外と手間取った話(追記あり)

f:id:yk4192:20171206235737p:plain

前置き

ゆきおです。

本日は普段の業務がおやすみ。

おかげで1日ずーっと家にいられました。

僕は外出したりオフィスに行くと体力が漸減する体質*1なので、家に居られる状況は本当にありがたいものですね。

 

・オフィスにいる状況=充電器が外されている+容量を食うアプリが起動している状態

・家にいる状況=充電器に繋がっている状態

みたいなイメージですね。

なので、家にいられる時は、出来るだけ長く家にいるようにしています。

 

しかも、高校生の頃の独学での大学受験の経験*2もあってか、

家にいるほうが生産的な作業に集中できるようになったので、

外に出る理由が

「人に会う」「買い物をする」「カラオケまたはゲーセンに行く」

以外でなかなか見つからないんですよね。

 

とまあ、前書きは置いておいて、

本日は、2つめのブログを立ち上げたけども、割と手こずった話です。

2つめのはてなブログを開設するのに意外と手間取った話。

なぜ2つめのブログが必要か?

前の記事で「やりたいことじゃなくてお金になることにピボット(pivot, 方向転換)する」とか言っておきながら、

なんだかんだでやりたいことに時間を使ってみたくなりまして...。

立ち上げたのがこちらのブログです。

otogebu.hatenablog.com

スクフェスなどのソシャゲーの効果でこんなに音ゲー人口が増えているのに、

音ゲーに特化したメディアが世の中に全然見当たらないじゃん!

これまで長く音ゲーやってきて、

その文化的な側面とかにもちょっと興味を持って調べてこともあって、

ほとんど全ての機種をそれなりにできる自分として、

何がしか言えることがあるんじゃないか?

とかなんとか思って勢いで立ち上げたわけです。

 ちなみにtwitterアカウントはこちら→音ゲー部 (@otogebu) | Twitter

 

で、

どのブログサービスにするかはさんざん迷ったのですが、

やっぱり一番書きやすい(慣れている)はてなブログにしようと決めたんですね。*3

 

だけれども、はてなブログのUIの問題か、はたまた僕の認知能力の問題か、

どこから2つめのブログを開設できるのか?

が、ちょっと見ただけだと全くわからない状況でした。

 

▼ダッシュボード画面

f:id:yk4192:20171208150256p:plain

 

10分くらい「???」となってからの、ようやくの開設でした。

途中、何度も別のサービスに逃げようかと思いました...。

 

この記事では、そんな僕の二の舞が起こらないように

「2つめのはてなブログの開設の仕方」をメモります。

 

2つめのはてなブログの開設の仕方

1.はてなブログ公式サイト(http://hatenablog.com/)にアクセスする。

f:id:yk4192:20171206235058p:plain

 

2.サイト下段の「はてなブログをはじめよう」の項目にある「はてなブログとは」ボタンをクリック。f:id:yk4192:20171208145302p:plain

3. ▼はてなブログの説明ページに飛びます。「無料でブログをはじめる」ボタンをクリック。

f:id:yk4192:20171206235053p:plain

 

4. ▼ブログ作成ページに飛びます。ブログURLや公開範囲を決めて、認証にチェックして「ブログを作成」。

f:id:yk4192:20171206235035p:plain

 

以上です。

これから、はてなブログで複数のブログを立てる際の参考になれば幸いです。

 

 

(追記)そもそも、僕の認知能力の問題でした。はてな運営さんすみません。

▼ブログ管理画面の上位階層にある、ダッシュボード画面を見てみると...。

f:id:yk4192:20171208150615p:plain

普通に、わかりやすい位置に「新しいブログを作成」ってあるじゃないですか...。

なぜ気づかなかったのか...。

というかダッシュボード画面だと思っていたのは、ブログ管理画面だったわけで...。

 

皆さんの身に、僕の二の舞が起きないことを願います。

 

*1:ほとんどの人はそうだと思いますが...

*2:できる限りお金をかけずに、しかも効率的に勉強をするのを徹底

*3:今後、ちゃんとしたメディアにするならばWordPressなんだろうけども、サーバー代もドメイン代もちょっとはかかるわけで。「ほかの無料サービスで十分に記事を書いたりしないうちに、有料サービス使うのってどうなの...」みたいなセルフツッコミが強かった