Be As You Are!

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくる。

「数年単位で進歩がない」と言われた理由と、その打開策。

そう、たぶん一番の問題は、「言行不一致」なところなんだよ

 

想像し、喋ることは少しだけできる。

 

だけどね、行動が伴ってないんだよ。
"高尚"な喋りに対して。

 

俺が一番ドライブして、しかもいい感じに変化と進歩した時って

 

「●●というなら〜〜してなきゃ嘘になるね」
「●●ってことは〜〜していて当然だよね」

 

という時だった。おそらく例外なく。

 

カラオケカラオケ、っていうなら、誰よりもカラオケに詳しくなきゃ嘘だし

N次創作、クリエイションの未来が〜とかいうなら、その領域に関する情報は誰よりも仕入れないと嘘になる

だからというわけではないが、とにかく仕入れたよね。とにかくオタクになった。自分の思う通りの自分になるために?ひたすら動いた。

ボイトレだってそうだった。

もっと昔に遡るなら、受験だってそうだった。

 

「受験生っていうなら、誰よりも受験に詳しくなきゃ嘘だ。学習に詳しくなきゃ嘘だ。」

 

っていう感じで、「勉強法」なら社会人向けの本でもなんでも目を通して、良くも悪くも勉強法オタクみたいになったのだった。

 

そうした「言行一致」のための努力をしていたときのことは、今でも記憶に残っているし、情熱も蘇るし、やっぱり持論もある。なにがしか言えることがあるくらいには積み上がっている。

 

「数年単位でお前進歩してないぞ」って言われる自分を打開するヒントが明らかにここにある。

 

じゃあどうするの?
何をして、何がどう変わって、どんなアウトプットしたの?

 

という後追い記事は、この後実行してから書く。これは絶対書く。