Be As You Are!

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくる。

初めてスタジオで歌った日。(2422文字 / 10月29日のこと)

まえがき

このログは、そもそもの目的やあり方自体の再検討が必要な段階であるが、
ともあれ、まずはログる。ログってから考える。

 

2017/10/29

1行目 【事実】 その日にあったことや自分がやったことを書く

・起床は早め。

結婚式で飲み、そのあといきつけでちょい飲みをした関係で、
ゆきお特有?の「飲んだ次の日早起き」が発動。
早めに寝たのもあり、いい感じに起きれた。

・朝ごはんは炊いたご飯。

久しぶりのお米。白だしを混ぜて炊いた。香りが立つのでおすすめ。

・ログをどうするか〜と考えようとしたが、断念。

気持ちが完全に”休日”になっていたためか。
一旦距離を置こう、という逃げを選択。
代わりに、洗濯機を一週間ぶりに回した。

・ブランチは、ポトフ様のスープと、簡単なおかず。

ポトフ:マギーブイヨンを使えば大体なんとでもなる。
白菜と玉ねぎとソーセージをぶち込んで、圧力をかければ終わり。
おかず:創味シャンタンと白だしとめんつゆを使えばなんとでもなる。
玉ねぎと豚肉と何かを適当に炒めれば完成。

 

マギー ブイヨン 50個入
 

 

 

創味シャンタンDELUXE 500g

創味シャンタンDELUXE 500g

 

 

 

たまごが切れているから買わねば。

俺の料理感は、借金玉さん(id:syakkin_dama)と似ている。

syakkin-dama.hatenablog.com

めんどくなく、ラクチンで、それなりに美味くて、
それでいて安ければ良いじゃない。
そのために必要な知識と知恵は、そんなに複雑じゃない。

 

料理のいいところは、
一回料理してしまえば暗黙知として身体に染み込んで、やればやるほど楽になるところ。*1

 

・音楽イベンターかつWEBライターの俵谷さんが主催しているセッション会に参加するために渋谷へ。

musicrowd.net


台風22号の影響で、雨が非常に強い。
渋谷へは早めについて、同じ会に参加する小学校からの友人とご飯。
魚介を食べようとして店を探したら、偶然韓国料理の店を見つけて石焼ビビンパを食べた。
だいたい、こういう時にいいお店を見つける。*2

 

・事前に声出し、ということでカラオケへ。

無理はしすぎずに...。1時間だけサクッと歌った。

歌広場は安くて、細切れ時間で行けるのがいいところ。

 

・セッション会では、初めてスタジオで歌った。

演目は『リライト / ASIAN KUNG-FU GENERATION』と『Re:make / ONE OK ROCK』。

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com


事前にカラオケで確認しておいたのだけど、カラオケとスタジオはまるで別物。

とにかく、自分の歌声が聞こえないし、
緊張するし、なんかもうよくわからないし、恥ずかしいしで...。
散々だったと思う。

 

 

『声量あったよー』って言ってもらえて嬉しかった。
けども歌の内容はお察し...w

カラオケという小さな箱の中でごちゃごちゃやってただけの弱さを感じた。

ただ、生の演奏を聴いたり、人前で歌ってみたりすると、
やっぱりいいなーと素直に思う。

音楽っていい。
演る人っていい。
自分も、中に入りたい。
作る側、演る側になってみたい。

ライブを見に行った時と似たような思いが浮かんだ、そんな夜でした。

 

2行目 【気づき】 その事実を通して気づいたことを書く(反省する)

・俺は、音楽や創作がやっぱり好きで、演っている人も作っている人も好きなんだということ。

卒論なんか、クリエイターの人への憧れとリスペクトがあったから『N次創作』をメインテーマにしたんだった。インタビューをしている最中は興奮が止まらなかった。*3

・やってきたことは無駄にはならないということ。

積み重ねはやっぱり大事。

自分でボイトレをするって決めて、自分の歌を聴いて凹んで修正して...
というのを一度でもコツコツとやっていた時期があった。
それなりに声量が出たのは、その時のおかげなんだと思う。

誰よりも、歌声に関しては詳しく調べた、なんて思えるくらいにはやっていたつもりだった。
フースラーとか、エルカントとか、果ては頭蓋骨がどうのこうのって...w もうほとんど覚えていないけども。
今度、資料のリンクをまとめてみようかな...。

・アウトプットの現場で、ようやくインプットの重要性に気づけること。

これはこれまでのログでずっと言っていたことだが、音楽の場でも同じだった。

3行目 【教訓】 その気づきから導き出されたことを教訓としてまとめる(次の行動の目標を作る)

・インプットの時には、LIVE = 本番 のとき感じた”あの感じ”を常に引き戻しながら行え。

▼"あの感じ""この感じ"と言えば...。

www.youtube.com

なんだろう 怖いけど

あの感じ

...

わかるだろ 痛いけど

その感じ この感じ

4行目 【宣言】 その教訓を活かして、できている自分の姿を描く(イメージを描く)

・常にアウトプットを意識したインプットで、誰よりも早く高度な知識と技能を身につけまくる『連続スペシャリスト』*4を実践する自分。

 

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

 

あとがき

・やっぱり、『1行目 事実』だけでいいような気がする。

もしくは、事実はざっとまとめて、まとまらないものをどこかに放り投げてストックして、どんどん記事にしていくか...?

*1:自炊エントリは今後、改めて書いてみようかな...。

*2:今度、ゆきお的ショップリストも作りたい。

*3:このテーマについては、また今度書こう...

*4:リンダ・グラットンの著書『WORK SHIFT』より.