Be As You Are!

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくる。

アウトプットは量だけでなく質にフォーカスしないとダメ / 4行日記7日目

2017/10/22

 

1行目 【事実】 その日にあったことや自分がやったことを書く

・朝はMTG. 事業の具体化の件について荒木さんと話しあった。企画書にしろ、スライドにしろ、とケツを叩かれながら素案をまとめた。まだまだみずぼらしいが、作りこむのに時間をかけるしかない。

・休憩をとってすぐにまた確認のMTG. 木曜日の予定について確認。メンターの方に何を話すのかについて合意をとった。

・選挙に行った後、カレーを作ってカレーうどんにして食べた。相変わらずうまくできた。100円3玉のうどんでも、調理次第でなんとでもなる。

 

 

・その後は1時間休憩して、15:30ほどからまた作業を始めた。スライドに足りていない要素を埋めて行く。あっという間に時間が過ぎる。資料を作るのにはものすごい労力がかかる。慣れていないのもあるけれども。

・その資料すらダメ出しをたくさん食らう。『「素案なので」っていう言い訳はやめろ』とのこと。辛いが、確かにその通り。始めからハードルを下げていたらずっと低いままだ。

・18:30からは夕飯。カレーうどんと他に主菜副菜をつけて食べる。

・選挙特番を横目に『模倣の経営学』『スタートアップ・バイブル』を読み始める。なぜか非常に疲れていた。そのため23時半前には就寝。朝〜昼のアウトプット、そして夜のインプットが習慣化できつつあるか?

 

 

模倣の経営学 (日経ビジネス人文庫)

模倣の経営学 (日経ビジネス人文庫)

 

 

 

スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた

スタートアップ・バイブル シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた

 

 

2行目 【気づき】 その事実を通して気づいたことを書く(反省する)

・アウトプットは数だけでなく質にも目を向けないと、ずっと伸びないままになってしまう。この日記だって、人に見せることをあまり意識していないでアウトプットを重ねているが、質をあげることにフォーカスしないことにはやはり質は上がらない。

・やはり朝はアウトプット、夜はインプットが向いている。

 

3行目 【教訓】 その気づきから導き出されたことを教訓としてまとめる(次の行動の目標を作る)

・質を意識したアウトプットを行う。具体的には、スライドや企画書を作る際には、以前論文を仕上げたときのように、明確な基準と問いを定めてチェックしながら行う。

 

4行目 【宣言】 その教訓を活かして、できている自分の姿を描く(イメージを描く)

・インプットに対して、アウトプットの分量が圧倒的に多い自分。
・アウトプットの質が高く、プレゼン力・企画力で右に出るものがいない自分。