Be As You Are!

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくる。

アウトプットしよう / 4行日記 6日目

2017/10/21

1行目 【事実】 その日にあったことや自分がやったことを書く

・またよく寝てしまった。改善ができていない。

・決めていた通り、早めに図書館に本を受け取りに行った。
スタートアップ関連の書籍を5つ6つほど借りた。

借りた書籍は以下。
・『アントレプレナーの教科書-シリコンバレーイノベーション・プロセス- 新装版』
・『スタートアップのための起業のWeb技術』
・『スタートアップ・バイブル-シリコンバレー流・ベンチャー企業のつくりかた-』
・『「世界」を変えろ!-急成長するスタートアップの秘訣-』
・『世界の地方創生-辺境のスタートアップたち-』
・『模倣の経営学-偉大なる会社はマネから生まれる-(日経ビジネス人文庫 767)』
・『Yコンビネーター-シリコンバレー最強のスタートアップ養成スクール-』

・とにかく、借りてきた本に目を通すのに時間を使った。
家にずっといられる日というのは貴重なので、
この機会を逃すわけには行かないと思ったのだ。

リーンスタートアップの内容を改めて学ぶような機会になった。
別の著者で別の表現で、
何度も繰り返し同じことを言っているので、
基本的な概念や視点が染み込んできた実感がある。

・もちろんアウトプットをしなくては価値がないので、
夜にはなったが、近場のレストランにノートを持参し、
先日(木曜日)に荒木さんに見せた内容で、
ビジネスモデルキャンバスに整理したり、様々な仮説を立ててみた。

・これまでは、こういったテンプレートにすらすらと書き入れることができたことは無かったので、新鮮だった。

・反復学習の効果かどうかはわからない。
インプットとアウトプットは根本的に違う作業だと思うので。

 

2行目 【気づき】 その事実を通して気づいたことを書く(反省する)

・何をするにしてもアウトプット=具体化=記述することからは逃れられないということ。

・インプットは、それ単体だと価値にならないが
”徹底的なインプット”には価値がありうる。
浸透するというか、マインドセットや思考のスキームに変化があった。

id:fromdusktildawn さんが言及していた
『意外と知られてない、自分を飛躍的に成長させる読書テクニック』
に通ずるものがある。

最優先でやるべきは、作者や登場人物の情動回路を自分の脳内で動かすことだと思う。

作者や登場人物になりきって作者や登場人物の目から見える世界を思い浮かべ、

作者や登場人物が感じた息苦しさ、悔しさ、理不尽さ、憤りを自分も味わってみることだ。

それも、作者や登場人物の背の高さ、体の重さ、姿勢の歪みからくるにぶい苦痛、自分の筋肉や骨や間接や胃や腸やさまざまな内臓が蠢いたり痛んだりする生々しい感覚、汗で服が皮膚に貼り付く不快感、まさぐられ、押さえつけられる苦痛、抵抗できない悔しさ、視界から見えたり触っているさまざまなもののディテールを、リアルに生々しく、自分がいままさに体験しているかのように、作者や登場人物の中に「入り込み」そこでわき起こる様々な感情を自分の感情として味わうことだ。

ここで重要なのは、文章に出てきた全ての登場人物や作者の情動を、並列に、あるいは、切り換えながら自分の脳内で血が出るほど誠実にシミュレートすることだ。自分の好きな登場人物や作者の情動の、感情移入しやすい部分だけシミュレートするのは、ただの精神的自慰行為にすぎない。自分がむかついたり反発を感じる作者や登場人物の身体、立場、気持ちになりきって、そこから見える世界を味あわなければならない。

筆者と同じ視点になる。
筆者の体験を、まさに"追体験"する。
これほどまでに読めたかどうか?
筆者にいかに近づけたかどうか?

本を読んで、普段の自分から飛躍するために=変化=学習するために必要なことだ。

なかなかできることではないけども。

 

3行目 【教訓】 その気づきから導き出されたことを教訓としてまとめる(次の行動の目標を作る)

・インプットは徹底的にやって初めて価値がある。
インプットをするなら、徹底的にやれ。

・アウトプットをしないとインプットした意味がなくなる。
無理矢理でもいいから、アウトプットする時間を作れ。

・インプットをしたところとは違う場所で行うほうがやりやすい。
場所を変えてみろ。姿勢を変える、でもいい。

 

4行目 【宣言】 その教訓を活かして、できている自分の姿を描く(イメージを描く)

・徹底的にINPUT / OUTPUTをすることで、一目置かれる自分。

・アウトプットとか言って、ふわっとした言葉じゃなくて、企画書やスライドの形で見える形で出せる自分。

 

 

おまけ 自分で作ったお昼ごはん シチュー

 

 

 

市販の『シチュー on ライス』っていうルーを使ったのだけど、これが非常に美味かった。

まさに、お店の味。満足度が今までの比じゃ無かった。

 

 

投入した具は

・白菜
・豚肉
・人参
・じゃがいも
ブロッコリー
・にんにく
・牛乳
・マギーブイヨン 2こ
・シチュー on ライス ルー全部

ね、簡単でしょ。


玉ねぎを入れなかったのは、単に入れ忘れたのと、圧力鍋の容量がギリギリになってしまっていたから。
それでも野菜の旨味と甘みが十分に引き出されたのは、

・白菜を気持ち多めに入れた

・マギーブイヨンを入れて圧力をかけた

のがよかったのだと思う。

 

 

ちなみに夕飯は、これをちょっとアレンジしてパスタにして食べた。ごちそうさま。