As You Are. 自分らしく生きたい人の備忘録

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。最近はなかなか動き出さない自分のケツを叩くための忘備録。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくりたい。

まず方向を向けるべきは、「やりたいこと」でも「できること」でもなく「お金になること」です。

まず方向を向けるべきは、

「やりたいこと」でも「できること」でもなく「お金になること」です。

と友人に言われたのを思い出す。

 

とある作家が

「やりたいこと」でなく「できること」に目を向け、とにかく押し広げて行くのがいいんじゃないんでしょうか。

といった旨を言っていた。

 

それを先々週くらいに読んで、やけに納得したために、

 

「よし、これからは『できること』だ。

英語、人の元気付け、音ゲー!この辺りは俺のできることだ。

多分英語が一番社会的に価値があるから、英語を鬼のように伸ばして、

他の人の追いつけないレベルまで上げてしまおう!

そうすれば稼げる!」

 

といった考えにハマっていたのだが...。

 

先日会った友人から言われた冒頭の言葉で、改めて方向が変わった。

 

これまで半ば忌避していた「お金になること」に目を向けることにした。

 

久しぶりに書いたのもあって全くまとまっていないけども、

こうしたログを残す場としてこのブログを使っていく。

 

「書くことで、ようやく相対化できる」

 

という。

僕は相対化も客観視も下手なので、こうして書く機会は無理矢理にでも作ることにする。

更新再開します。

更新しなくなったからといって死んだわけではありません。

Twitterを見ればわかりますが、なんだかんだで生きています。

 

サービスが使われるのは、やっていることに気づかれた時じゃない
「こいつ、まだやってるんだ」と思われた時だ

 

この言葉を糧に、やっていきます。

発信し続けること

蓄積すること

それ自体に意味がある。

そう思って、ひたすら続けます。

「数年単位で進歩がない」と言われた理由と、その打開策。

そう、たぶん一番の問題は、「言行不一致」なところなんだよ

 

想像し、喋ることは少しだけできる。

 

だけどね、行動が伴ってないんだよ。
"高尚"な喋りに対して。

 

俺が一番ドライブして、しかもいい感じに変化と進歩した時って

 

「●●というなら〜〜してなきゃ嘘になるね」
「●●ってことは〜〜していて当然だよね」

 

という時だった。おそらく例外なく。

 

カラオケカラオケ、っていうなら、誰よりもカラオケに詳しくなきゃ嘘だし

N次創作、クリエイションの未来が〜とかいうなら、その領域に関する情報は誰よりも仕入れないと嘘になる

だからというわけではないが、とにかく仕入れたよね。とにかくオタクになった。自分の思う通りの自分になるために?ひたすら動いた。

ボイトレだってそうだった。

もっと昔に遡るなら、受験だってそうだった。

 

「受験生っていうなら、誰よりも受験に詳しくなきゃ嘘だ。学習に詳しくなきゃ嘘だ。」

 

っていう感じで、「勉強法」なら社会人向けの本でもなんでも目を通して、良くも悪くも勉強法オタクみたいになったのだった。

 

そうした「言行一致」のための努力をしていたときのことは、今でも記憶に残っているし、情熱も蘇るし、やっぱり持論もある。なにがしか言えることがあるくらいには積み上がっている。

 

「数年単位でお前進歩してないぞ」って言われる自分を打開するヒントが明らかにここにある。

 

じゃあどうするの?
何をして、何がどう変わって、どんなアウトプットしたの?

 

という後追い記事は、この後実行してから書く。これは絶対書く。

 

「やるべきことをなかなかやれない」理由を抹殺するテスト

やるべきことをリストアップし終わっているのに、

なかなか動けない理由を抹殺してみよう。

多大なる自戒を込めて。

 

この記事を一言でまとめるなら、 以下の言葉に集約できる。

 

「まずはやれ、有無を言わさずやってみろ、話はそれからだ。」

 

以下の対話は全てオマケみたいなもので、

僕みたいにアタマで考えすぎてなかなかカラダが動かせない、

インプット偏重でアウトプットが全然できない生産性の低い人間 の逃げ道を一つ一つ潰していくだけの作業です。

上の赤文字に当てはまらない方は、「ほんっとにしょうもないなー」と思いながら読み飛ばしちゃってください。

これを僕が自分でやっている理由は... お察しくださいw 

 

「同じ領域で、自分よりも優れた奴がいるからできない」?

 まずはやってみればいい。

 もしかしたら、あなたの方がいい結果を残すことができるかもしれないよ。

 別に、同じ領域で同じルールで戦わなきゃいけない訳じゃないかもしれないし、戦い方も一様じゃないでしょ。あなたの戦い方を知るためにも、まずは戦ってみようよ。勝ち方も一様じゃないし。

 まずはやって。それを見せてみて、ほらほら。

 

「なんか気乗りがしなくて、できない」?

 だからさ、やってみないことには、"気"なんか一生乗らないんだって。

 ほらほら、id:teruyastarさんも言ってたでしょ。「側坐核」の話。いくら嫌でも、できないと思っていても、とりあえずやり始めてしまえばやる気が出てくるんだから。やってみなって。

側坐核が活動しないとやる気はでないのですが、
やらないと側坐核が活動しない。。。あれ?

一度動き始めたら慣性が働きますが、
エンジンを掛けるとき、止まってるものを動かす時が一番エネルギーを使う。
トップランナーが世界記録だすよりも、
ニートが一歩前に進む方がずっとエネルギー使うわけです。

teruyastar.hatenablog.com


 大丈夫、最初からうまくできなくたっていいんだから。ほんとに少しのステップでもいいんだから、ちょっとやってみなって本当に。

 英語だったら、TED見るでもいいし、まずは書店で英語の参考書を買うでもいいし。

 ブロックチェーンなら、なんでもいいからYoutube動画見てみればいいじゃない。

 Pythonなら、無料で手に入る入門情報とかチュートリアルとか、そこら中にあるじゃない。学習コミュニティだって、質問サイトだってあるんだよ?まずは1記事でいいから目を通してみなって。1行コードを書いてみなって。

 

 

ちょっとやってみたけど、うまくできないからやめた?

 ちょっと待って。

 "ちょっと"ってどれくらいやったのさ?

 いや、これさ、アウトラインをちょっと書き出して見ただけじゃない。本文書いてないよね。一回、手が止まっちゃったくらいで、"やった"とは言えないよね。これはね、"やろうとしてみた"って言うんだよ、正確には。

 ブログの記事だって、別に誰もが始めっからそれなりのものを書けた訳じゃないでしょ。あなたがそれなりに自信のある音ゲーだって、始めはぜんっぜんできなかったんでしょ。でも、やったから今のあなたがいるんでしょ。今のあなたは、初心者から見たら『バケモノ』だからね、言っとくけど。

 ていうかさ、たったの一回で諦めんなよ...w

 あなたにとって必要なんだよね、これ?だからやるって言ったんだよね?必要な成長痛だって思えない?嫌だな〜って思ったからってもう止めるの?何事もさ、いいことも悪いこともあるじゃん。そんな、楽して何事もうまくいくわけないじゃん。ていうか、初めから美味しいものが手に入るというのは幻想じゃん。現実に生きているわけじゃん。


 ほら、やらない理由消えたよねこれで。じゃあ、やろっか( ´ ▽ ` )ノ

 

僕「はい。」