Be As You Are!

As You Are = あなたがあなたであるためのブログ。英語 / 学習 / 働き方 / マインドセット について書いていきます。 We Make The World you can be As You Are. 誰もが自分らしく生きられる世界をつくる。

2017年持ち寄り忘年会

実に6名が集まった今年の忘年会。

持ち寄り忘年会、実際に持ち寄ったのは2名。

 

作ったのはカレー。食材費ひとり150円。

圧倒的うまさの秘密は、ホールトマトとマギーブイヨン、そしてバター。

5合ものお米がたちまち消えて無くなった。

 

飲みながらレトロゲームをしたり、ポーカーをやったり。

これだけで十分。これこそ至高。

 

小学校からの友人と、大学を出てからの友人が一堂に会する機会。

こんな光景が見られるだけでなく、主催できる幸せ。

 

またやろう(・ω・)

なんだかんだで

なんだかんだといって、

10時から22時過ぎまで仕事っぽいことをしている。

 

毎日を、

楽しんでやれている。

楽しんで生きている。

 

これって結構、得難いものだなって思う。

 

もっと大きくしていきたい。

もっと楽しくしていきたい。

 

そのために、もっと頑張ろう。

2つめのはてなブログを開設するのに意外と手間取った話(追記あり)

f:id:yk4192:20171206235737p:plain

前置き

ゆきおです。

本日は普段の業務がおやすみ。

おかげで1日ずーっと家にいられました。

僕は外出したりオフィスに行くと体力が漸減する体質*1なので、家に居られる状況は本当にありがたいものですね。

 

・オフィスにいる状況=充電器が外されている+容量を食うアプリが起動している状態

・家にいる状況=充電器に繋がっている状態

みたいなイメージですね。

なので、家にいられる時は、出来るだけ長く家にいるようにしています。

 

しかも、高校生の頃の独学での大学受験の経験*2もあってか、

家にいるほうが生産的な作業に集中できるようになったので、

外に出る理由が

「人に会う」「買い物をする」「カラオケまたはゲーセンに行く」

以外でなかなか見つからないんですよね。

 

とまあ、前書きは置いておいて、

本日は、2つめのブログを立ち上げたけども、割と手こずった話です。

2つめのはてなブログを開設するのに意外と手間取った話。

なぜ2つめのブログが必要か?

前の記事で「やりたいことじゃなくてお金になることにピボット(pivot, 方向転換)する」とか言っておきながら、

なんだかんだでやりたいことに時間を使ってみたくなりまして...。

立ち上げたのがこちらのブログです。

otogebu.hatenablog.com

スクフェスなどのソシャゲーの効果でこんなに音ゲー人口が増えているのに、

音ゲーに特化したメディアが世の中に全然見当たらないじゃん!

これまで長く音ゲーやってきて、

その文化的な側面とかにもちょっと興味を持って調べてこともあって、

ほとんど全ての機種をそれなりにできる自分として、

何がしか言えることがあるんじゃないか?

とかなんとか思って勢いで立ち上げたわけです。

 ちなみにtwitterアカウントはこちら→音ゲー部 (@otogebu) | Twitter

 

で、

どのブログサービスにするかはさんざん迷ったのですが、

やっぱり一番書きやすい(慣れている)はてなブログにしようと決めたんですね。*3

 

だけれども、はてなブログのUIの問題か、はたまた僕の認知能力の問題か、

どこから2つめのブログを開設できるのか?

が、ちょっと見ただけだと全くわからない状況でした。

 

▼ダッシュボード画面

f:id:yk4192:20171208150256p:plain

 

10分くらい「???」となってからの、ようやくの開設でした。

途中、何度も別のサービスに逃げようかと思いました...。

 

この記事では、そんな僕の二の舞が起こらないように

「2つめのはてなブログの開設の仕方」をメモります。

 

2つめのはてなブログの開設の仕方

1.はてなブログ公式サイト(http://hatenablog.com/)にアクセスする。

f:id:yk4192:20171206235058p:plain

 

2.サイト下段の「はてなブログをはじめよう」の項目にある「はてなブログとは」ボタンをクリック。f:id:yk4192:20171208145302p:plain

3. ▼はてなブログの説明ページに飛びます。「無料でブログをはじめる」ボタンをクリック。

f:id:yk4192:20171206235053p:plain

 

4. ▼ブログ作成ページに飛びます。ブログURLや公開範囲を決めて、認証にチェックして「ブログを作成」。

f:id:yk4192:20171206235035p:plain

 

以上です。

これから、はてなブログで複数のブログを立てる際の参考になれば幸いです。

 

 

(追記)そもそも、僕の認知能力の問題でした。はてな運営さんすみません。

▼ブログ管理画面の上位階層にある、ダッシュボード画面を見てみると...。

f:id:yk4192:20171208150615p:plain

普通に、わかりやすい位置に「新しいブログを作成」ってあるじゃないですか...。

なぜ気づかなかったのか...。

というかダッシュボード画面だと思っていたのは、ブログ管理画面だったわけで...。

 

皆さんの身に、僕の二の舞が起きないことを願います。

 

*1:ほとんどの人はそうだと思いますが...

*2:できる限りお金をかけずに、しかも効率的に勉強をするのを徹底

*3:今後、ちゃんとしたメディアにするならばWordPressなんだろうけども、サーバー代もドメイン代もちょっとはかかるわけで。「ほかの無料サービスで十分に記事を書いたりしないうちに、有料サービス使うのってどうなの...」みたいなセルフツッコミが強かった

湧き上がる感情がなくても。

前置き

先週の土日は、teruyastarさんのブログをずっと読んでいた。

いつだったか、何度も何度も読み返したブログだ。

その度感動し、勇気付けられ、なんとか生きてこれた。

はてな上には、尊敬する人たちがたくさんいるのだ。

 

teruyastarさんもそのうちの一人。

 

元々は"あるSEとゲーマーの四方山話"というブログをやっていた方で、

 

2011年以降は" teruyastarはかく語りき "にて、

ゲーマーかつ仕事のできるビジネスマン視点での

ライフハック*1記事を書いていた方である。

 

記事を眺めて見るとわかるが、

ひと記事ひと記事の文字量がものすごく多い

1万で少ない方で、2万字アベレージ。

 

なかなか記事の書けない自分からすると、頭おかしい

しかも、こんなに文字量が多いのに異常に読みやすい。

スラスラ読める。

本人によれば、改行を適切に行なっているだけ(意訳)らしいのだが...。

それでもおかしい。

 

 

teruyastar.hatenablog.com

ブログには誌面コストの都合がない
400文字書いても、2万6千文字書いても、印刷コストは発生しない。
だから子供の絵本ぐらい空間を開けても大丈夫。
読みやすさのために空間を目一杯贅沢に使っていいのがブログ

そこから、

1, 本来の段落は見出し単位で区切る
2, ブログの段落は3行で区切る
3, 改行は句点でも行う

という贅沢な発想ができる。

これらの一番の目的は
1画面の文字情報量を減らすことにある。 

彼はどのようにして、ここまでの長く深い論考を、継続的に出せるようになったのか?

どうか爪垢を煎じて飲ませてほしい。

 

本題 

前置きが長くなった。

 

本記事は「すごい物を見てもへこたれないために」

という記事を読んでのメモに

ひたすらセルフツッコミをする記事です。

teruyastar.hatenablog.com

 

学習について

閾値を超えるまでやらないと全くの無駄”

→自分化された知を持つまでやること。

自分は、果たして知を自分化できるところまで落とし込めているか?

多分できていない。

自分の一つ一つの積み上げすら、中途半端なのだから。

 

点の学習:

最低限の型を覚えて、反射的に答えを出す学習。
(既存型の)学校・会社向き

面の学習:

自己目的的に、周りの関連情報を集めて答えを浮き上がらせる。
プレイそのものが楽しいが、致命的に遅い。
無限の時間を使って森羅万象を知り尽くそうとする。

→自分は、人生の進め方が面の学習タイプな気がする。

点の学習状態になっても、半年〜1年続けばいい方。

これだとどこにもいけないし、流れるままに漂流するしかないのでは...。

じゃあどうしたらいいんですか。

 

目的を明確化することで、拡散しがちな面を内側の点に向ける。

→目的の明確化が嫌で、いままでずっと逃げて来たような...。w

これか、これが原因なのか。 

 

『型を通して最短を進み、通らない時は基本や関連にさかのぼって解決する』

→この当たり前を実践できるかどうか。

ただ問題は、自分の中に参照枠として使えるような基本・基礎がないと、

さかのぼったところで大したアウトプットにはならないんですよね。

僕の場合は、基本・基礎がふわっとしすぎていて、参照するたびにブレるというw

ガバガバな構造をしているわけですね。

 

答えを探すのではなく『自分で答えを創り出そう』と思えること。

→答えは、自分で作っていいんだ、という転回。 

OK。さあ行動に移そう、とできれば良いのだけども。

これまでの自分の歩みを振り返ると、まだまだ自分の答えは出てきていない。

なんだろう、どうしてずっとこんな状況なんだろう?

 

何かあるわけで

やりたいことっぽいことや

yk4192.hatenablog.com

 

 

何がしかの執念や

 

yk4192.hatenablog.com

 

何がしかの情熱が

 

yk4192.hatenablog.com

 

自分の中にあるはずだろう。

 

どうしたらいい?

考えが間違っている?考えが足りない?マインドセットが狂っている?そもそもの能力が足りない?動きが足りない?何もしていない?何をしたらいい?どれだけしたらいい?どうしたらやりきることができる?すべてが失敗?失敗?失敗?

 

そんな逡巡をしていた時に見たのがこの記事だ。

teruyastar.hatenablog.com

「人気ブロガー」になりたいという人が、
じゃあ何かどうしても書きたいことがあるのか?
というと、何もないというし、
「ミュージシャン」になりたい人が、
自分で作った曲をどうしても聴かせたいのかというと
特に聴かせたい曲はなく、ただチヤホヤされたいだけというし、
「金持ちになりたい」という人が
どうみんなが喜ぶサービスを提供したいのかというと、
自分が金持ちになりたいだけで、他人はどうでもいいというし、
それでは何者にもなれません。

→まさに自分の状態を言い当てられたようで何も言えない。

一生がワナビーいや、ワナビーワナビー

で、行動が全然伴っていない。成果も出ない。

さらにイタいワナビー化を繰り返す。無限ループ。

 

『人気ブロガーになる』…そんな言葉は使う必要がねーんだ。

「○○になる」というのは未来の結果であって、
その前に何らかの感情で動くことに意義があるんです。
結果だからいちいち「〇〇になる」と思う必要はないし、
人気者になろうとして人気者になったわけではないし、
金持ちになろうとして金持ちになるわけじゃなく、
アウトプットにパワーのある人というのは
自分が自分なりの方法で人に何をしてあげられるか、
何をしてあげたいかを考えるのが先なんじゃないかと。

(略)

 

ただの憧れのままだと、伝えたいこともないのに
それをやれば人気者になれる見出しと勘違いすることも多く
ときどき自分の感情に立ち戻って本当は何をしてあげたいか、
自分は人に何をしてあげられるかを考えるのが
〇〇になるためのスタート地点かと思います。

 

ああ、そうなんだ。

 

『自分は、人に何をしてあげられるか?』

 

を考えるのが、○○(何者か)になるためのスタート地点であると。
○○になるのは、あくまで結果にすぎないと。

 

「〇〇になる」というのはあくまで結果であって、
「自分が今何をしてあげられるか」をときどき考えてみる。

 

「湧き上がる感情がなくても、習慣的に継続して閾値を超える」

 

ということが、いつしか「〇〇になった」と
言えるようになるんじゃないかと思いました。

 

『湧き上がる感情がなくても、習慣的に継続して閾値を超える』 

 

 

これなんだと。

もう、何をいうよりも先に。

続けてやると。

成果が出るまでやると。

視野を適切に狭めて。

閾値を超えろと。

そうなって初めて、何かが言えるんだと。

今の自分を壊せるんだと。

 

(もちろん、まだまだ抽象的で、何を言ってんだ自分みたいなところあるけども)

ああ、そういうことなんだと。

そう思ったのがこの土日でした。

その思いをもはや忘れていた今日の自分を戒めるためのこの記事でした。

 

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。

 

蛇足

↓ほんとこれ。

T
「これだけ歴史ある人類で、
自分より賢い天才たちがいっぱいいて、
学校の先生は唯一絶対の回答しか認めなくて、
会社へ行けばその会社のやり方しか認められなくて、
いつもいつも答えを教えられてもらう側。」

 

T
「自分の答えを言っても
歴史ある完璧唯一絶対の回答より劣るのは決まってるんだから、
そんなものと比べられるのが恥ずかしい、
発表するのが恥ずかしい。
他人の目、他人の行動、
そんな絶対評価ばかり気になってしまう。」

 

W
「やめろォ!! 俺の心を覗くなァ!!!」

 

T
「そして、いままさに僕が答えを知ってると思って
自分で考えるよりも先に 
"とにかく答えを" と、請求する。」

 

W
「うわああああああ!!」

うわああああああ!!!

ほんとうわああああああ!!! 

 

「目の前のことをきちんとやるって当たり前すぎることをスルーしすぎてる気がする」

 

「ホントに細かすぎて言葉にならないくらい」

いい加減にせえよ、自分な。

*1:より正確には、メンタル・認知ハック?